お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

新型コロナウイルス感染症の対応について

新型コロナウイルス感染症の対応について

平素より、和歌山YMCAの諸活動にご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスの対応につきましては、行政機関等の情報を収集した上で、その指導や方針に則り速やかに対応してまいります。

クラス時の取り組み

•入口での手指消毒
•入室前の検温
•教室・エレベーター、備品の消毒
•入口のドアや窓の開放
•職員の体調確認・検温・体調不良者の勤務制限
•職員のマスク着用

ご参加いただく際のご協力のお願い

•発熱や風邪のような症状のある方はご来館をお控えください。(各ご家庭にて検温をお願いいたします)
•手洗い、うがいなどの予防策を積極的に行ってください。
•マスク着用にご協力ください。
•「咳エチケット」にご協力ください。

その他

以下の項目に1つでも該当する場合はプログラムにご参加頂けませんのでご了承下さい。

•当日、のどの痛みや咳、風邪のような症状、発熱、倦怠感、味覚臭覚がない、その他新型コロナウイルスに当てはまる症状のある場合。
(発熱は日本感染症の発熱の定義に基づき37.5度以上としていますが、37.5度に達していなくても平熱より高く、体調不良を感じる場合についても該当するものとします。)

•新型肺炎の感染者または感染者と思われる方との接触がある場合。

•ご家族や同居人等に風邪のようの症状や発熱、倦怠感、味覚臭覚がない、その他新型コロナウイルスに当てはまる症状のある場合。

•ご本人及びご家族や同居人が感染の拡大している国や地域への訪問歴が14日以内にある場合。

夏期プログラムの感染予防対策につきましてはこちらをご確認下さい。